FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

banner_468_60.gif

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.08.20 (Fri)

ツイートボタン





ツイッター公式のツイートボタンが発表されたので使ってみた。

ちょっとブログの見栄えも良くなって良いですね。

同じ機能をサードパーティーとして提供していたTweetmemeと提携して開発されたようだ。

Twitterが自社開発をせず、既にその機能を開発していた企業と提携して機能を取り込むというのは素晴らしい態度だ。

こちらから自分のツイートボタンを作ることが出来る。
http://twitter.com/tweetbutton
スポンサーサイト
13:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2010.08.11 (Wed)

電子書籍が紙よりも便利な10のポイント



電子書籍は紙の書籍より値段が高くてもいい【湯川】を読んで、確かに電子書籍の方が良い点がいっぱいあるなあ、と思いました。

でも、まだまだ日本語は電子書籍化されていないものがほとんどなのが残念です。

現時点で、僕が電子書籍を読んでいて、これはすごいと思うものを10点、挙げてみました。

(1)どこでも読める。
僕は、Kindleを中心に利用することにしているのですが、Kindleは、PC版、Mac版、iPhone版、iPad版、アンドロイド版、それに日本ではあまり利用されないかもしれませんが、ブラックベリー版まで用意されています。

僕はXperiaを使っているので、朝の満員電車ではAndroid版、座れたときにはiPad版で電子書籍を読みます。

また、ちょっと本に書いてある内容が気になったときに、PC版やMac版で電子書籍の内容を確認したり、引用したりします。


(2)続きを読める。
前にXperiaで読み終わって、今度はiPadで開いても、前回の続きから読み始められます。
Kindleがどこまで読み進めたかを覚えておいてくれます。
これは意外と便利です。


(3)辞書が使える。
英語を読んでいて、分からない単語があったら、単語をクリックするだけで、辞書が出てきます。
英英辞典なので、説明にも分からない単語があったら、更にその単語にジャンプできます。
英語の勉強には最適です。

辞書で足りない場合や、辞書に単語がない場合には、GoogleやWikipediaに飛ぶこともできます。


(4)何冊でも持って歩ける。
これは当然ですが、買った全ての本を常に持って歩けます。
本当に当たり前ですが、すごいことの一つです。

当然、場所も取りません。
時々古本屋に持って行こうか、などと余計なことを考える必要もなくなります。


(5)ハイライトが共有できる。
Kindleでは、他人がよく線を引いている部分を見ることが出来ます。
その部分は客観的に大事な部分なんだな、と認識しながら読むことが出来ます。
線を引いている人数も出てくるので、重要度も何となく分かります。


(6)注釈を簡単に読める。
紙の本を読んでいると、注釈は巻末にあったりして、僕はほとんど読みに行きませんが、Kindleでは注釈がリンクになっていて、すぐに参照できます。注釈を見に行く敷居がかなり下がりました。


(7)ブックマークやメモ
ブックマーク、メモ、ハイライトがすべて保存できて、しかも他のデバイスで見たときにも共有できます。
紙の本だとページを折ったり、線を引いたり、メモを書き込んだりするのは、ちょっと抵抗があったのですが、電子書籍なら、取り消しも書き直しも自由にできるので、何の抵抗もありません。

前に読んで重要だと思って、メモしたり、線を引いたりしても、今回読んで「あれ?」と思ったら、外せばいいだけです。


(8)安い
今だと電子書籍の方が安いです。
同じ値段でも構わない気もしますが、紙の原価や印刷費用、運送費用が掛からない分、安くなってしまうのは仕方がないかもしれません。


(9)すぐ読める
待つ必要がありません。1分くらい待てば、すぐに読める状態になります。
Amazonプライムでその日に届くサービスもありますが、それよりもずっと早いです。


(10)楽しい
ちょっとポイントを10にするためのこじつけですが、色んなデバイスを使って、読書体験を便利にすることが出来るので、それに触れるだけで楽しいというところがあります。

でも、これは最初だけですね。段々、慣れてしまうと思います。


【最後に】
電子書籍化の流れは、選択(Choice)ではなくて事実(Fact)です。
「乗るか反るか」という選択はありません。

いくら出版社が嫌がっても、流れは止まりません。
それなら、早く対応した方が良いのに、この対応の遅さは残念です。

全ての日本語の本が、電子書籍として出版される日が早く来ることを強く望みます。
15:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.02.01 (Mon)

Twitterが面白い3つのポイント



最近、Twitterの何が面白いのか、やっと分かって来ました。

かなりの頻度で更新するようになりました。

←おまけにこのBlogの左側にも、僕のTweetが表示されるようにしました。
http://twitter.com/shiratoy


Twitterは、3年も前から登録していたのですが、何度か挑戦して、その度にくじかれてきました。

やっと面白いと感じることが出来た面白いポイントがいくつかあります。
①友人とものすごくゆるく繋がることができる。
②興味があることに関する情報が早い。
③うまく活用すれば、効果的な情報発信が出来る。

①は、Twitterに入りやすいところです。

既にかなりの数の友人が使い始めていたので、その人達をフォローしていたら、普段は全然会わない人たちが、何をしてて、何を考えているのかが、なんとなく分かります。

誰かのつぶやきに対して、「@」や、「RT(ReTweet)」を使って返信をすることが出来るので、気になったつぶやきがあれば、それに反応してみます。

逆に自分のつぶやきに対して反応してもらえることもあります。

フォロワーから反応があるともちろん嬉しいですが、更に面白いのは、自分に全然関係のない人が、その話題に急に入って来ることがあるということです。

例えば、僕がAさんをフォローしていて、僕の好きな55カレーについてつぶやいていたので、「Aさん、僕も55カレー大好きです!」とつぶやくとAさんと面識は無いけど、僕をフォローしているBさんが、「いや、カレーなら絶対C&Cだ!」というように、思いもしない会話が成立して行きます。
面識の無い人同士が、ある話題で盛り上がることに違和感を感じません。

メールと違って、相手からメールが来たから必ず返信する必要も無いので、非常に気軽です。

これは、僕はすごく面白いです。

②の情報の速さですが、これもすごいです。

今も、貴乃花が理事になったことがリアルタイムで伝わって来ました。
ニュースより速いですよね。

フォローしたり、フォローされたりするのは、やはり興味で繋がっていくので、自然と興味がある情報が早く伝わって来るようになるようです。

ある人が発信したつぶやきが面白いと思ったら、その人はそのつぶやきを引用しながら「RT(ReTweet)」でつぶやくので、その人をフォローしている人に伝わって行きます。そこで情報を受け取った人達は、自分が興味があれば、また「RT」するので、その人達のフォロワーに伝わって行きます。そんな感じで、一気に広範囲に情報が伝わります。

ニュースのようにすべての情報が伝わって来るのではなく、興味のある情報だけが伝わって来ます。
しかも、現場にいる人がつぶやいてくれるので、ニュースより速いです。

臨場感があって楽しいです。

最後に、③の情報発信ですが、これが出来るようになりたいなあ、と思います。
情報発信するためには、自分が情報を発信したい人にフォローしてもらうことが必要です。

どうしたら、フォロワーを増やすことが出来るんでしょうか。
価値が高い情報を発信することが出来るということは当然なので、そこは個別に努力する必要があります。

面白いのは、既にその分野で有名人になっている人に話しかけて興味を持ってもらうことが出来る点です。
Twitterでは有名人に直接話しかけることが容易です。
有名人に積極的に絡んで行って、相手にされるくらいの情報発信ができれば、それだけでTwitter上では有名人になって行きます。つまりフォロワーが増えて行きます。

面白い発言を出来る人のフォロワーは、一気に増えて行きます。
しかも、フォロワーは興味の範囲が近い人ばかりです。
フォローしてもらったら、フォローし返すと自分の情報収集範囲も拡がっていきます。

その人の発言に興味を持っている人が多ければ多いほどフォロワーの数は増えます。
つまり、フォロワーの数は、その人の発言が面白いかどうかのかなり客観的な指標です。

フォロワーの数で、面接の足切りをする企業が出てきているのも納得出来ます。
フォロワーの数で、割引をするお店さえ出て来ています。

これも面白いところの一つだと思います。


上の3つとは少し毛色が変わりますが、非常にシンプルなTwitterの周辺に、他社が多くの関連アプリケーションを開発しているのも、拡がりがあって面白いですね。

だいぶ気づくのが遅いですが、Twitterは面白いぞ、ということです。
17:06  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2008.05.29 (Thu)

自分の実力

これまでは、起業して自分の実力を試したい、なんてどこかで思っていた。

でも、実は自分の実力なんて微々たるもので、あまり大きなウェイトを占めるものではない。
周りに活かしてもらっている。
それしかない。

それに応えられるように、日々努力して成長しよう!!
10:59  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008.04.02 (Wed)

考える力とモチベーション

組織の中で、メンバーのモチベーションを上げることは大事だ。
しかし、モチベーションを上げることのみに注目するのは片手落ちだ。
それはあくまでも効率的な組織を作る上での一部でしかない。
モチベーションは高くても、どうして良いか分からないということも往々にしてある。

モチベーションさえ高ければ、方法はどうにでもなるという考え方もあるが、その場合でも、技術としての考える力がある方が良い。

モチベーションがないと考える力を身に付けようとも思わないが、考える力がないとせっかく発生したモチベーションを維持出来ない。
また、逆に考える力があれば、自分で問題設定をして、自らモチベーションを喚起することも出来る。

考える力とモチベーションは、どちらかだけで有用なものではなく、相互補完的に作用する。


日本人は、上司に言われたことを素直にそのままやる人が多いが、これはモチベーションの高い低いに関係がない。モチベーションが高くても、仕事の内容に疑問を持たずに進めてしまう。

大事なことは、その仕事が何を目的にしているのか、その仕事を進めることで目的は達成されるのかを常に考えることである。時には、その目的さえ懐疑的に考える必要がある。

これは、能力ではなく、仕事をする上での態度の問題なので、それを知ったその瞬間から意識することが出来るようになる。

仕事をする上で、その仕事の達成する目的を理解しないことは、ただの作業者になるということだ。
自分の付加価値を出すためには、その仕事の目的を理解して、その目的を達成するために工夫を加える必要がある。言われたことをやるだけならば、多くの人が出来るが、目的を達成するための手段は人それぞれ工夫することができ、それがその人の付加価値となる。

メンバーがそれぞれ付加価値を出さなければ、メンバーがいくら増えても、組織としての付加価値が上がらない。逆にコミュニケーションが大変になる分、組織の付加価値は下がってしまう。

このような問題意識を持って初めて考える力が必要になる。
ロジカルシンキング、問題解決法、ドキュメントの書き方、会議の効率的な開き方などは、技術として身につけておいて損はない。社員が全員これらを身に付けていれば、コミュニケーションのレベルが高くなることは間違いない。

考える力は、どんな組織にも必要である。
09:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。